施工例

北上市O様 断熱窓リフォーム 冷たい隙間風をシャットアウトで快適・省エネ!

更新日:2012年03月12日

平成7年に木造2階建てを新築されたO様は、車椅子で全室にスムーズにアプローチできる、快適なユニバーサルデザイン住宅にお住まいです。
O 様は、居間にはすでに断熱窓を取り付けし、効果を実感してらっしゃいました。この度は、廊下およびご子息の寝室の二カ所の大きな窓に断熱窓を設置させていただきました。これまでは、冷たい隙間風がお悩みでしたが、そのお悩みが解決し、暖房効率も向上しました。また、「復興支援・住宅エコポイント」が適用となるこのチャンスに工事をしたことで、30,000ポイントもご利用いただけます。
O様は、これまでもサンルーム増設や屋根塗装などを行い、定期的なメンテナンスやお住まいの快適性アップに工夫を凝らし、新築時よりも一層住み心地の良い住環境を実現していらっしゃいます。
今回行いました窓の断熱改修リフォームは、復興支援・住宅エコポイント対象リフォームです。なお、外壁・屋根・天井又は床の断熱改修といった「省エネ住宅」への改修工事もポイント対象となります。省エネ住宅への改修工事は、ぜひこのチャンスにご検討ください。詳しくはお気軽に杜陽住建にご相談ください。

IMGP3194-300x224
テラスに面した大きな窓からの冷気を断熱サッシでシャットアウト

2013年1月測定調査実施:本格的な寒さの中断熱窓効果を改めて実感!

 

寒さが厳しくなるほど、内窓断熱窓の効果が表れます。そこで、2012年初旬に復興支援・住宅エコポイントを利用して断熱内窓を取り付けた北上市O様にご協力いただき2013年1月に温度測定を行いました。

 

2013年1月8日朝9時杜陽住建スタッフ測定 (外気温マイナス9℃)

  O様邸寝室
測定場所 従来のサッシと、内窓の間 新設した断熱内窓の前(室内側)
温度 5℃ 20

断熱内窓を取り付けたことで、隙間風のお悩みも解消し、暖房効率も格段に向上しました。みなさまのお住まいにも快適で暖かい冬を実現する断熱内窓をおすすめいたします。

fda0ace2db78659e7d1cbd33a6716f56

外窓と内窓間、内窓の前の2か所で温度測定

お問い合わせ
TOPへ