私たちは、日頃から住んでいる環境を少しでも良くしようということを目的にエコリフォームをおすすめしています。 環境にまったく負荷をかけないということは不可能だと思いますが、その負担を少なくする方法を考えなくてはなりません。 みなさんのもっとも身近にあるものは住まいです。

住まいのエネルギーを効率的に使用していますか?効率的にエネルギーを使用しないとムダなエネルギーを使ってしまい、 環境にもよくないだけではなく、家計にも余計な出費が出てしまいます。しかしながら、通常の仕様を少しかかります。 しかし、長い目で見ていくとライフサイクルコストは同じくらいか、住まいによっては割安になるケースがあります。 現状のコストと簡単に比較できる無料シミュレーションもありますのでぜひお試しください。

住まいの性能をUP

エコリフォーム各位

住まいにエコを取り入れると、簡単にライフサイクルコストの見直しができます。 例えば、屋根や壁の断熱、冷暖房熱が逃げる要因である、サッシや玄関の断熱化。 太陽光発電やエコ給湯器の設置によるライフサイクルコストの見直し。住まいの性能をアップさせることで、 効率的にエネルギーを使用し地球に優しい暮らしを実現できます。

しかし、リフォーム内容によっては逆にマイナスになる場合があります。 例えば、在来工法で建てたお住まいをオール電化にします。オール電化にする場合、高気密・高断熱が必須です。 単純に「暖房」「給湯」「IH」を取り入れただけでは、目には見えない隙間からどんどんエネルギーが出てしまい、 ライフサイクルコストが上がってしまうケースもあります。そこで、オール電化には、断熱・気密化リフォームがつきものです。 詳しいことは専門のスタッフにご相談ください。賢くエコリフォームしてみませんか?

太陽のエネルギーを電気に変えるのでクリーンで経済的。

熱の逃げやすい屋根・壁を断熱して効率的にエネルギーを使用します。

熱の逃げやすいガラス。複層ガラスや内窓で外気をシャットアウト。

大気の熱などを利用してお湯を効率的に沸騰させるます。

住宅リフォームの優遇支援や補助金制度を活用

地球にやさしいリフォーム

一定の要件を満たすリフォーム工事に補助金や減税制度が適用されます。 我が家のリフォームが対象工事となるかをチェックして、家計にもやさしいリフォームをしませんか? 金融機関からの融資によるリフォームやバリアフリーリフォーム、省エネ改修などを行った場合、 一定の条件を満たせば税金が減額されたり、控除の対象となる場合があります。また、地方自治体が住民の住宅環境向上を目的に行うリフォーム補助も、賢くリフォームするためにはぜひ活用したい支援制度です。

その他、太陽光発電やエネファームなどエコ仕様のリフォームをした場合、補助金の申請ができます。 ただし、補助金制度は受付期間内であっても、予算額を超える申請があった場合は、受付を終了することがありますので、詳しくはスタッフまでご相談ください。

お問い合わせ
TOPへ