近年、心地よくリラックスできる快適空間を実現する浴室は、疲れを癒す場所として女性だけでなく男性にも注目を集めています。
お風呂のリフォームをしたい理由として多いのは、「浴室が寒い」「カビなどで汚い」「狭い」などです。 お手入れ・メンテナンスの観点からユニットバスが一番オススメです。 お風呂と浴室のリフォームは、サイズの種類や基本性能・デザインのバリエーションなど、メーカーによっても様々です。

例えば、浴槽の「システムバス」だけで判断しないで浴室空間全体のデザインも重要なポイントになります。 壁面もタイルからパネルへとチェンジすることで、お手入れも楽になるなど素材の特徴を活かしたリフォームにしましょう。 壁の色を一面だけ変えるだけでも、高級感がでるようなお風呂に見えたり、リラックスできる空間に見えます。 浴室のリフォーム工事で起こりやすい問題は、ユニットバスの搬出入路の際に浴槽が大きくてドアから入らないために、 一度入り口を壊すことがあります。このような場合、最初の予算以上の出費が必要になることになりかねないので、 事前の打ち合せや調査をしっかりと行うことが大切になります。

家族を大切にする快適機能のユニットバス

お掃除
お掃除ラクラク

水廻りといえば、汚れやカビが生えやすいところです。
だからこそ、お手入れがラクラクな仕様を選ぶことがポイントになります。例えば、隅、角、溝は汚れがたまりやすく、放っておくとカビも生えやすくなります。 できるだ け凸凹をなくした形状が主流になってきています。
また、床もできるだけ早くカラッとするような工夫や排水溝を単純化することで、日頃のお手入れが楽になったり髪の毛をキャッチしてくれる ようなちょっとした工夫がされているものもあります。

快適
ゆったり快適に

一日の疲れをしっかりとってくれるお風呂だからこそ、ゆったりとしたい空間にしたいですよね。 限られたスペースでも、浴槽の形状や洗い場の形状を工夫することでゆったりと過ごすことができます。

浴室の種類には魔法瓶のような効果のある浴槽もあります。湯温の低下を出来る限り抑えることで、 帰宅が遅くなっても追いだきなしで、すぐにおふろに入れたりできます。その他、浴室乾燥機やテレビなど便利な機能も付加することもできます。

快適
やさしい

浴室の出入り口でつまずきにくい、浴槽に入りやすい、つかみやすい浴槽のフチ、 ラクな姿勢で顔や体を洗える洗面器置台など。家族みんなに使いやすいユニバーサルデザイン。

立ったり、座ったり、またいだりと、動作が多いわりには、おふろの中にはつかまる所が意外にありません。 「手すり」があれば、お子様を含めて家族みんなにとって便利。I型、L型、スライドハンガー付の3つから家族に合わせたものを選定します。

お問い合わせ
TOPへ